【P2P案件】ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)がヤバすぎる件について

サイトウのアイコン画像サイトウ

どーもサイトウです。
すみません、記事タイトル煽りましたww

今回は、突如現れた新P2P案件ゴッドオブドラゴンについて解説していきたいと思います。

はじめに言っておきますが、

ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)への参加は推奨しておりません。

万が一でも参加される場合は、投資ですので自己責任でお願い致します。

この記事でわかること

  • ゴッドオブドラゴンのヤバさ
  • ゴッドオブドラゴンのヤバさ
  • ゴッドオブドラゴンのヤバさ
  • P2P案件参入にあたっての注意点
目次

【P2P案件】ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)とは?

ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)とは、日本円での取引を謳ったP2P案件の一つで、買いたい人と売りたい人をマッチングさせる個人間取引をサポートします。

ゴッドオブドラゴンには、5つのキャラクター(ドラゴン)が存在し、それぞれ購入金額、必要チケット数、保有期間、利率が変わります。

売却金額は必ず購入金額より高く設定されますので、「当選すれば必ず利益がでる」という仕組みです。

専門的な知識やスキルは不要で、どなたでも利益を出していただけます。

【P2P案件】ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)について

ゴッドオブドラゴンは、1月8日に告知やプレリリースがいっさいなく、突如案件が始まりました。

事件の発端は、とあるオープンチャットで拡散されたのがきっかけです。

案件内容は、

エクスカシーファームとほとんど変わらないのが特徴です。

【P2P案件】ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)の取引の流れ

STEP
チケットを購入する

キャラクター(ドラゴン)の抽選に申し込むにはチケットが必要です。

チケットは300枚(3300円)~購入が可能です。

STEP
抽選に申し込む

チケットの購入が完了したら、次はキャラ申し込みページより、購入したいキャラクターを選び、2つ以上申し込む際はセレクトボックスより数を選択し、「抽選申込」ボタンを押して、抽選に申し込みましょう。

抽選申し込みの際に各キャラクターごとに設定されたチケットが消費されますが、抽選に外れた場合は自動で変換されますので、ロス、持ち出し、損失の心配はありません。

※保有チケットが足りない場合は「申し込み」のボタンを押せません。ご自身の保有チケットをご確認いただき、足りない場合はチケットを購入してください。

毎日14:00~17:00は抽選時間となっており、この間は申し込みができませんのでご注意ください。

STEP
当選・落選を確認する

当選すると、そのドラゴンを購入することができます。

ドラゴンには保有期間と売却時の利益率が設定されており、保有期間が長いドラゴンほど、売却時の利益率が高く設定されています。

落選した場合でも、チケットは差し戻しになりますので、ご安心ください。

STEP
キャラクターを購入する

抽選に当選するとトレードページの「買う」一覧に当選したキャラクターが表示されます。

キャラクター部分に相手の振込口座先が記載されているので、当選日の翌日午前10:00までに振り込みを完了させましょう。

STEP
キャラクターを売却する

自動マッチングにより当選者が確定しましたら、売却することができます。

売却金額が決まっているので、売却金額が購入金額より下がることはありません。

当選者よりあなたの口座へ購入代金が振り込まれます。

トレードページの「売る」一覧へ振込明細の写真がアップロードされますので、確認し、必ず翌日の13:00までに「トレード」ボタンを押してください。

その他詳細が気になる方は、こちらにリンクを記載しております。

https://www.godofdragon.com/howto

【P2P案件】ゴッドオブドラゴン(God Of Dragon)がヤバい理由

使用画像を盗作している疑惑がある

ファフニールですがAmazonで調べたところ、

ドイツの小説の画像が出てきました。

さすがにこれは怪しすぎます(笑)

オープンチャットでは、「画像は購入できるので著作権に問題ない」との主張がありましたが、

そもそもそういう問題ではなく、サービスを展開する上で自社商品にこんなフリー画像を使用するのがどうかと思う、ということが言いたいわけです。

取引されている実態が全くない

さまざまなP2P案件のオープンチャットにて、「ゴッドオブドラゴンは順調に取引が進んでいる」などのポジショントークを繰り広げているユーザーが数名ほどいてるのだが、Twitter、LINEオープンチャット等でほかの一般ユーザーの声が全くない。

公式LINE@もなければ、公式テレグラム、公式ツイッターもない。

そんな状況で適当に開始された案件に誰が参加するのでしょうか。

P2P案件参入にあたっての注意点

新しくはじまったP2P案件に早期参入し、そのP2P案件が長く続けば間違いなく稼げるでしょう。

ですが、早期参入にはリスクがあります。

そこで、新しいP2P案件参入にあたっての注意点を下記にまとめてみました。

【P2P案件】注意点まとめ

  • インフルエンサーが動いているかどうかを確認する
  • 運営のブランディング、マーケティングに注意する
  • アフィリエイト報酬形態が整っているかどうか

このあたりの条件が揃わないとサービスが走り出さないので、

みなさん注意しましょう。

普段はこちらのオープンチャットで案件の情報や副業についての発信を行っております。

オープンチャット「BUPグループ 副業・投資・仮想通貨・物販」
https://line.me/ti/g2/kCL8WAb1xk-2YTlCA9yJMw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

LINE@で個別の相談対応も行っております。
https://lin.ee/lJxGA23

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる